Backdrop DAY FASHION

Backdrop DAY FASHION Vol.55~ LONG SLEEVE and SHORTS

2018年 4月27日
バックドロップでは、今シーズンのラインナップとしてロングスリーブTシャツを数多く取り揃えています。
まだまだ気温の変化がありますので、朝晩は冷え込む日が多いかと。そんな時に重宝するのがロングスリーブなんですね。ショーツとの組み合わせは、とてもバランスが良く、個人的にも好きなコーティネートです。
袖にプリントがあるものや、ボーダー柄、ヨコノリ系のものまで様々な着こなしを楽しめます。




Backdrop DAY FASHION Vol.54~ Thermal “ Honey Comb Weave “

2018年 4月13日
バックドロップのサーマルシャツは、糸から編み立てたオリジナル生地を使い、縫製から染め加工まで全ての工程を国内で行なっています。
ミリタリーやヴィンテージで見かけるものと同様に、肉厚でしっかりとした作りがウリです。
サーマルは、一般的に重ね着で使われるケースが多いアイテムですが、1枚で着ても十分に存在感を出せるよう、袖口にオリジナルパッチを付けるなど、工夫を凝らしています。
また、袖丈はあえて9分袖にする事で、袖をまくった時のもたつきがなく、バイカー達にも定評があります。




Backdrop DAY FASHION Vol.53~ CHAMPION BASEBALL SHIRT 「SPONGE PRINT」

2018年 3月30日
アメリカで買い付けたスポンジプリントのナンバリングTシャツは、厚めのラバーインクをスタンプのように押し当てることで、プリント自体に細かな気泡が入り、ひび割れ加工とは違った面白さを楽しめます。
また、サイズ感はアメリカンボディーならではのゆったり感ある作りなので、90’sスタイルにマッチします。
そんなナンバリングTシャツをベースに、サーマルとの重ね着でアクセントをつけ、コーチジャケットを羽織れば、この時期にぴったりなコーティネートの完成です!




Backdrop DAY FASHION Vol.52~ CHAMPION BASEBALL SHIRT 「SPONGE PRINT」

2018年 3月23日
アメリカで買い付けたベースボールシャツをご紹介します。
アメリカ企画のボディーに、スポンジプリントのナンバリングが施された珍しいアイテム。

スポンジプリントとは、大きなスポンジからデザインを型取り、それを手作業で削り上げて版をおこす手法です。
とても手間がかかるため、正直なところ日本では見かけた事がありません。
アメリカって、こういう手間を惜しみなくやる所が素敵ですね。
また、インクを染み込ませたスポンジを押し当ててプリントするため、少しザラつき感があるところ良さの一つで、着込んで行くとそのザラつきがなくなりボディーとの一体感が増してきます。 どこを取っても魅力が溢れる枚です!

そんなベースボールシャツには、定番のライトフランネルシャツが相性バツグンです。アクセントにオリジナルのコットンニットキャップが今の時期はベストです。



Backdrop DAY FASHION Vol.51~ BACKDROP VINTAGE FOOTBALL SHIRT

2018年 3月19日
やっと春らしくなり、日中は陽気も良く上着なしで過ごせるようになりました。
今回は、そんな時期にぴったりのアイテムをご紹介致します。

バックドロップ オリジナルのビンテージ・フットボールシャツは、1980~90年代に発売されていたチャンピオン・プロモデルをベースに、他では見られないほどヘビーウェイトなコットンを採用し、制作された究極の1枚です。
時期を問わず着用頂けるため、時期によってはインナーの上からスウェット感覚としてもお使い頂けます。
胸と背中のナンバリングは、サテン生地をカットし刺しゅうミシンで縫いあげた、まさしくプロモデル仕様。
服を触った瞬間に感じる満足感って、最近の洋服では味わえない傾向にありますが、きっとこのアイテムはそれを感じ取っていただけると思います!

今回のコーディネートは、せっかく1枚で着るなら小物にも気を使ってみました。万能型のディッキーズに新作のジェットキャップとオークリーのサングラス。バッグは、男らしくバンソンがマッチします。




Backdrop DAY FASHION Vol.50~ LONG SLEEVE TEE

2018年 2月26日
この数年、街でよく見かけるロングスリーブTシャツ。
90年代ファッションの流れでしょうか、各ブランドが様々なバリエーションで展開しているようです。
その中でもバックドロップで取り扱いのある2ブランドをご紹介します。

Manastash

レトロな配色のボーダー柄や、アーティストとのコラボ商品が目を惹きます。アメリカのブランドならではのサイズ感も、今のトレンドにマッチしています。

Backdrop DAY FASHION Vol.49~ BACKDROP PIGMENT DYE PULLOVER PARKA

2018年 2月13日
春の新作、バックドロップ オリジナル プルオーバーパーカーです。
ホワイトのボディーにプリントを乗せ、その上からピグメントダイをかけることにより、ヴィンテージのような風合いを表現しております。
ピグメントダイは昨年あたりからTシャツなどに多く使われている加工です。作り手の意思によって古着のような絶妙な色合いが出せるところも魅力です。
また、サイズ感もアメリカンサイズに近い仕上げをしておりますので、これからの時期、一枚で着ても十分な存在感があります。



Backdrop DAY FASHION Vol.48~ UNCHAIN GLOVE. WEST WINRER

2018年 1月29日
バイク乗りには欠かせないグローブ。
デザイナー自らバイクに乗り、今までの経験と研究を重ね使いやすさと機能性を追求した自信作。 グローブ用に鞣したカウレザーは、しなやかさとフィット感があり、ストレスを感じずライディングを楽しめます。
また このモデルは代表的なWESTをベースに寒い時期でも対応できるよう防寒、完全防水を兼ね備えたポレールという特殊素材をレザーとシルキーフリースの中に挟み込んであります。
着用してわかる、このフィット感をぜひ実感していただきたい逸品です。




Backdrop DAY FASHION Vol.47~ THE NORTH FACE Novelty DotShot Jacket

2018年 1月19日
Backdrop がノースフェイスに別注をかけたドットショット ジャケット。
ライトシェルでありながら、完全防水という機能性を備えた優れもので、色の組み合わせも完全別注となります。
また ゴールドの刺繍はバックドロップ別注の証。
軽量なので、畳んでバッグに入れておけば、様々なシチュエーションにも対応できます!




Backdrop DAY FASHION Vol.46~ KELTY ラウンドトップ バッグ

2018年 1月 8日
ラウンドトップタイプのコンパクトなショルダーバッグです。
500mlペットボトルや長財布もラクラク入る8L。ちょっとしたお出かけにもぴったりな大きさです。
シンプルでちょっとレトロなラウンドトップのフォルムでスタイルを選ばずにお使いいただけます。素材にはコーデュラナイロンを採用しており、丈夫さもお墨付き。アウトドア時も安心です。

bdf46-1
bdf46-2
bdf46-3
bdf46-4



Brand Info

KELTYの創業者であるディック・ケルティは南カリフォルニアの自宅でバックパックの製作を始めた。
木製の骨組に帆布を使用していた「パックボード」と呼ばれるバックパックをアルミパイプとナイロン布を使用し大幅に軽量化し改良、現在のフレームパックの原型「KELTY A4」を作り上げた。現在のバックパックの機構にある、ウエストベルトの装備、テンションさせた背部など幾つかの基本概念は、50年以上前、ディック・ケルティ発明によるものである。
現在はバックパック以外にもシュラフ、テント、キャンプファニチャーなどをリリースする総合アウトドアブランドとなっている。








カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ